ホーム > 分割した遺産に瑕疵がある場合

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

分割した遺産に瑕疵がある場合

分割された遺産が他人の物であった場合、数量不足や一部滅失がある場合、賃借権などの用益権の制限がある場合、抵当権などの担保権の制限がある場合、隠れた瑕疵がある場合などには、当該遺産を取得した相続人は、他の相続人に対して損害賠償や、代金減額を請求することができます。

この場合、他の相続人は、具体的相続分に応じた額について責任を負います。

なお、この遺産分割による担保責任の存続期間は、遺産の瑕疵を知った時から1年になります。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階