ホーム > 相続人に未成年がいる場合

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

相続人に未成年がいる場合

未成年の相続人は、遺産分割協議に参加することができません。

そのため、相続人の中に未成年がいる場合は、未成年者が成年に達するまで待ってから遺産分割協議をするか、未成年者に代理人を立てるかしなければなりません。

通常、未成年者である子の父あるいは母、もしくは後見人が法定代理人になります。

しかし、子の親も相続人である場合は、子と親との間で互いに利益が相反する恐れがあるため、代理人になることができません。

そのような場合は、子のための特別代理人の選任を、家庭裁判所に請求する必要があります。

もし、未成年の相続人が複数いる場合は、それぞれ違う代理人を選任しなければなりません。

遺産分割協議は、この特別代理人とそのほかの相続人で行います。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階