ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階

ホーム > 遺留分

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

遺留分

法定相続人には、民法上「遺留分」が認められています。

遺留分は、各自の法定相続分の2分の1となります。

例えば、法定相続人が妻と子2人の場合、妻は相続財産の4分の1が、子2人は相続財産の各8分の1が遺留分として認められます。

(法定相続人が父母などの直系尊属のみの場合は、相続財産の3分の1が遺留分になります。なお、兄弟姉妹には遺留分が認められていません。)

この遺留分は、遺言によっても奪うことができないのが原則です。

(ただし、被相続人に対して虐待や侮辱などを加えた者については、そもそも相続人から廃除することが可能です。)

 

しかし、遺留分を侵害する遺言は有効で、「子1人にのみ財産の全てを相続させる」という遺言も有効です。

そのような場合、遺留分を侵害された者は「遺留分の減殺請求権」を行使して、遺留分を主張することが出来ます。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します