ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階

ホーム > 相続手続きの流れ

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

相続手続きの流れ

相続は、被相続人の死亡を知った日から、直ちに手続きを開始します。

まず、被相続人の死亡を知った日から7日以内に、被相続人の住所地の役所へ死亡届を提出します。

被相続人が世帯主であった場合は、世帯主の変更や、公共料金などの各種名義変更、年金や保険の資格停止手続きも同時に行うのが望ましいでしょう。

 

その後、除籍(戸籍)謄本を取り寄せて、法定相続人の確認を行います。

被相続人が遺言書を残している場合もありますので、家の中を探したり、最寄りの公証役場へ問い合わせます。

もし遺言書があれば、開封せずに家庭裁判所にて検認の手続きを行います。

遺言書がなければ、相続財産の確定及び評価を行い、相続人全員で、遺産分割の協議に入ります。

 

協議がまとまれば、単純承認・限定承認・相続放棄などの意思表示を行います。

これらは、相続開始から3ヶ月以内に行わなければなりません。

 

相続財産の名義変更手続きが済んだら、相続開始から10ヶ月以内に、相続税の申告や納付を行います。(遺産が基礎控除額の範囲内であれば不要です。)

 

次に、相続開始から4ヶ月以内に、その年の1月1日から被相続人の死亡した日までの、被相続人の所得税について、相続人全員の連名で確定申告をします。

 

なお、遺言書の段階で、その内容により自身の相続分が侵害されていれば、相続開始から1年以内に遺留分減殺請求権を行使し、自身の相続分を主張します。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します