ホーム > 遺産分割協議

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

​遺産分割協議

民法による法定相続分の定めがあっても、相続が発生した場合は、相続人の間で遺産分割についての協議を行うのが一般的です。

もし、被相続人が遺言書を残していても、相続人全員の同意があれば、その内容に反する遺産分割をすることが可能です。

 

相続人間で協議がまとまれば、後々揉めることのないよう、「遺産分割協議書」を取り交わすことをおすすめします。

特に、不動産の名義変更をする場合は、この遺産分割協議書が必須になりますし、協議書の内容に不備があれば不動産登記の手続きがスムーズにいかないこともありますので、専門家と連携のもと、内容に不備がないよう作成することが重要です。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階