ホーム > 遺産の管理

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

​遺産の管理

相続財産を分割するまでの間、遺産の管理は誰がどのように行えばいいのでしょうか。

 

共同相続人は、相続開始の時点から遺産分割がなされるまでの間、遺産を各々の法定相続分に応じた持分で共有することになります。

遺産分割まで、遺産を相続人が共同で管理する場合、民法の共有の規定により、各相続人は遺産の保存行為を単独で行うことができます。

その他の管理行為については、各相続人の持分の過半数で決することになります。

また、共同相続人全員の合意が得られれば、相続人の内の1人を遺産の管理人に選任することもできます。

遺産の管理にかかる費用は、相続財産の中から捻出されることになりますので、実務上は遺産分割協議の際に精算されます。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階