ホーム > 代襲相続とは

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

代襲相続とは

相続人となる予定であった被相続人の「子」または「兄弟姉妹」が、相続開始時に死亡・相続欠格・相続廃除を原因として相続権を失っていた場合に、本来相続人になる予定だった者に代わって、「直系卑属である子」が相続分を承継する制度を代襲相続といいます。

代襲相続が開始される要因として、

 

①代襲原因があること

②被代襲者が被相続人の直系卑属または兄弟姉妹であること

③代襲者が被相続人の相続開始時に生存していること

④代襲者が被相続人の直系卑属または傍系卑属であること

⑤代襲者に相続欠格事由がないこと

が挙げられます。

 

代襲原因は、被代襲者が死亡した場合や、相続欠格もしくは廃除による相続権喪失などにより、相続権を失った場合に代襲相続が開始されます。

相続放棄による相続権の喪失は、代襲原因にはなりません。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階