ホーム > 熟慮期間の伸長

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

熟慮期間の伸長

相続は、相続が開始したことを知った時から、3ヶ月以内に、単純承認・限定承認・相続放棄のいずれかを選択しなければなりません。

なお、この3ヶ月の期間を「熟慮期間」といいます。

熟慮期間は、相続人が相続財産を調査し、相続するメリット・デメリットを慎重に考えるための期間として設けられています。

 

もし、被相続人に借金の疑いがあって、相続財産の調査を慎重に行いたい場合、熟慮期間を延ばすことはできないのでしょうか。

家庭裁判所では、被相続人に相続財産が多数ある、複数の債務(借金)があるなどの理由で、熟慮期間内に相続財産の調査が終わらない場合に備えて、熟慮期間を伸長する制度が用意されています。

熟慮期間伸長の申し出は、利害関係人もしくは検察官が、家庭裁判所に請求することによって行うことができます。

しかし、この伸長の手続き自体は、熟慮期間内に請求しなければなりません。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階