ホーム > 限定承認

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

限定承認

相続財産は、プラスの財産ばかりとは限りません。

マイナスの財産、主に借金が相続財産に含まれている場合があります。

そのような場合、相続放棄をすれば借金の返済をする必要はなくなりますが、土地や建物など、その他の財産も全て放棄することになります。

そんな時に利用するのが、限定承認と呼ばれる方法です。

限定承認を利用した場合、通常の財産と同様に借金も相続することになりますが、相続する借金の額を、プラスの財産の範囲内で収めることができます。

相続後、新たに多額の借金が発覚しても、限定承認を利用してしまえばプラスの財産以上の借金は相続されないため、単純承認と比較すると、安心といえるでしょう。

しかし、限定承認を利用するためには、相続人全員の承認が必要となります。

もし、相続人が複数いるのであれば、全ての相続人が一緒になって申請をしなければなりません。仮に、相続人の中で一人でも限定承認を利用したくない者がいると、申請することができなくなってしまいます。

ただし、限定承認を拒否した相続人が相続放棄すれば、その他の相続人のみで限定承認の申請を行うことができます。

 

限定承認を利用する際に気を付けたいのが、所得税の問題です。

もし、引き継いだ財産が土地の場合、相続することによって所得税を支払わなければならない場合があります。

これをみなし譲渡所得課税といい、土地を取得した時の価格が500万円で、現在の時価が1000万円になっていた場合、限定承認を行い相続してしまうと、相続した金額は500万円ではなく1000万円になってしまうからです。

よって、安易に限定承認を利用すると、高額な所得税の支払いが発生する場合もありますので、注意が必要です。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階