ホーム > 相続手続きを詳しく知りたい

相続手続きを詳しく知りたい

相続人の疑問

Q 家族が亡くなった。いつまでに、どのような手続きをすればいい?・・・相続手続きの流れ

Q 相続にはどのような種類がある?・・・単純承認限定承認相続放棄

Q どのように相続するかを検討する期間を延ばしたい・・・熟慮期間の伸長

Q どのように相続するかを決めた後に変更はできる?・・・相続の承認、相続放棄後の取り消し

Q 誰が相続人になる?また、どのくらいの財産を相続できる?・・・法定相続人と法定相続分

Q 胎児も財産を相続できる?・・・胎児は相続人になるか

Q 相続人が亡くなっている場合はどうなる?・・・代襲相続とは

Q 相続財産はどうやって調べたらいい?・・・相続財産の調査

Q どのような財産が相続の対象になる?・・・相続の対象物・非対象物みなし相続財産

Q 遺産を分割するまでの間、遺産の管理は誰がどのように行う?・・・遺産の管理

Q 相続人と相続財産が確定した後は何をする?・・・遺産分割協議

Q 遺産分割協議がまとまらない時は?・・・調停と審判弁護士に依頼するメリット

Q 遺産はどのように分割する?・・・遺産分割の種類

Q 生前贈与を受けていた場合、相続する財産に影響は出る?・・・特別受益

Q 故人に対する介護などの貢献度は、相続財産に考慮されない?・・・寄与分

Q 特定の人物にのみ相続させると遺言書にあったら?・・・遺留分

Q 遺産分割前に、相続財産の使い込みが発覚した・・・相続開始前後の預貯金の使い込み

Q 遺産分割協議に参加できない相続人がいる・・・相続人に認知症の人がいる場合相続人に知的障害の人がいる場合相続人に不在者がいる場合相続人に未成年者がいる場合

Q 行方不明の家族の相続はできる?・・・被相続人の生死が不明な場合

Q 相続した土地の一部が他人の物だった・・・分割した遺産に瑕疵がある場合

Q 離婚した夫(妻)の相続財産は分けてもらえる?・・・財産分与請求権

Q 遺産分割前に、故人の預貯金を引き出したい・・・被相続人の預貯金の払い戻しや解約について

Q 結婚すると相続権を失うの?・・・結婚して姓が変わったら、相続できないのか

Q 母の連れ子である私は、血の繋がらない父の財産は相続できる?・・・連れ子は相続人になるか

Q 遺言書を見つけたらどうしたらいい?・・・自筆証書の検認

Q 遺産分割後に遺言書が見つかったら?・・・遺言書の時効

Q 相続税はどのくらいかかる?・・・相続税とは相続税率

Q 相続税対策はどんなことをすればいい?・・・相続税対策

Q どのような財産を相続すると、相続税の対象となる?・・・相続税の対象物

 

被相続人の疑問

Q 相続財産を一覧にしておきたい・・・財産目録の作成

Q 遺言書の書き方が知りたい・・・遺言書の種類

Q 一度遺言書を作成したら、内容は変更できない?・・・遺言書の内容を変更したい、取り消したい

Q 財産を渡したくない相続人がいる・・・法定相続人であっても相続できないケース法定相続人に相続財産を取得させない方法

Q 遺言書が無効になるケースとは?・・・遺言作成者が未成年である場合愛人へ遺贈する旨の遺言の効力

Q 生前贈与したい・・・贈与税とは

Q 息子に事業を継がせたい・・・事業継承

 

その他

Q 被相続人が外国人の場合・・・どこの国の法律が適用されるか相続放棄遺産分割調停遺言書作成

Q 相続に関する問題は誰に相談すればいい?・・・弁護士、行政書士、司法書士の違い

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階