ホーム >借金も相続しなくてはいけないのでしょうか?

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

借金も相続しなくてはいけないのでしょうか?

借金があるなどの理由で相続したくない場合、相続人は相続を放棄することができます。つまり、遺産も借金も、全て相続しない、という選択をすることができます。

ただし、相続開始を知った日から3ヶ月以内に相続放棄の申述をしないと単純承認したとみなさますので注意が必要です。

 

また、遺産もあるが、借金もあるというように、相続財産がプラスかマイナスかが不明な場合があります。

こうした場合には、プラスになった場合にのみ遺産相続するという限定承認という方法を取ることができます。

相続によって得た財産の範囲においてのみ被相続人の債務を弁済する責任を負い、債務超過の場合でも相続人固有の財産で弁済する責任を負わないということです。

なお、限定承認をする場合も、相続開始を知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して、限定承認の申述をしなくてはなりません。

 

 

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階