ホーム > 弁護士費用

遺言・相続の弁護士費用

1.相談料

既に相続が発生している場合のご相談は初回無料

2回目以降のご相談は30分5500円)

2.相続人・相続財産調査

相続人・相続財産おまかせ調査プラン   16万5000円(兄弟姉妹相続の場合22万円)

※調査報告書を作成し、お渡しいたします。

​※ほとんどのケースでは上記の金額となりますが、相続人や照会すべき金融機関が多数に上る場合には追加費用を頂く場合があります。

3.相続バックアッププラン

相続バックアッププランは、弁護士がご依頼者様の代理人として活動するのではなく、ご依頼者様がご自身で行う相続人間の話合いをバックアップするものです。

 

弁護士は、あくまでご依頼者様のために動きますから、代理人として表に出ると、他の相続人からは「けんか腰」のように見えてしまうことがあります。

ほとんど遺産分割の方向性は決まっていたのに、相続人の一人が弁護士を依頼したために、他の相続人も弁護士を依頼して、その結果話合いがまとまらず長引いてしまっては、何のために弁護士を依頼したのか分かりません。

そうしたことを防ぐために、原則として弁護士が代理人として表に出ることなく、裏方として話合いバックアップする、というのがこのプランです。もっとも、協議に立ち会う方がベターだと考えられる場合には、分割協議に立ち会い、相続人に話合いの材料を提供します。

 

相続バックアッププランには、次のものが含まれます。

 

(1)相続人の調査・確定のサポート
(2)相続関係図の作成
(3)相続財産の調査、評価額算定サポート
(4)相続方法のアドバイス
(5)遺産分割協議の立会い(裁判例など、「話合いの材料」を提供します。)

(6)遺産分割協議書の作成

(7)相続税申告サポート

 

弁護士報酬額(着手金・報酬金を含む額。遺産評価額に以下の%を乗じます。)

3000万円以下の部分 2.4%

3000万円を超え3億円以下の部分 1.2%

3億円を超える部分 0.6%

4.遺産分割協議・調停代理

(1)着手金

依頼者が取得すべき遺産の額   着手金額

 ~300万円未満          22万円 

 ~1,000万円未満         33万円 

 ~3,000万円未満         44万円

 3,000万円~                   55万円

​※協議から調停に移行する場合は追加着手金16万5000円を頂戴します。
※遺言の効力を争う(争われた)場合には、追加着手金11万円を頂戴します。

(2)報酬

依頼者が取得した遺産額      報酬金

~300万円      経済的利益の20%

300~1,000万円 経済的利益の15%+15万円

1,001~3,000万円  経済的利益の8%+85万円

3,001~5,000万円  経済的利益の5%+175万円

5,000万円を越える場合    経済的利益の3%+275万円

​※遺言の効力を争う(争われた)場合には、追加報酬金11万円を頂戴します。

5.遺産分割審判代理

前記2(遺産分割協議・調停代理)に準じます。

※遺産分割協議・調停から審判に移行する場合には、追加着手金として11万円を頂戴します。

※訴訟に移行する場合には、追加着手金として11万円を頂戴します。

6.遺留分減殺請求代理

前記2(遺産分割協議・調停代理)に準じます。

7.相続放棄・限定承認

(1)相続放棄の申立て

申立費用:相続人1人につき 5万5000円

​相続発生から3か月以上経過後の申立の場合:着手金11万円 報酬金5万5000円
​(兄弟姉妹相続の場合+5万5000円)

(2)限定承認手続

限定承認の申立手続と相続財産管理業務を行います。

申立費用:22万円

相続財産管理人業務費用:33万円~

8.遺言書作成

(1) 自筆証書遺言作成
   16万5000円
(2) 公正証書遺言作成
   22万円

   ※当事務所にて証人を用意する場合は一人あたり2万2000円の日当を頂戴します。

 

※上記記載の金額は原則として税込表示ですが、割合に応じて計算する弁護士報酬には別途消費税が加わります。また、実費は含んでおりません。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します