ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階

ホーム > 相続税率

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

相続税率

相続税は、課税される遺産が多いほど税率が高くなります。

税率は10%から最高50%までで、以下の表に基づいて計算します。

 

 

 

 

 

 

 

相続税を計算する場合は、課税遺産総額を法定相続分通りに配分したとして、上記の表で計算した後、相続人全員の相続額を合計して、相続税の総額を出します。

 

例えば、相続遺産が現金2億円で、相続人が妻と子供2人の場合。

 

1.課税遺産総額は、2億円-相続税の基礎控除(3,000万円+600万円×3人)=1億5,200万円になります。

 

2.法定相続分は、妻が2分の1、子供2人は残りを4分の1ずつ取得するので、妻が7,600万円、子供は3,800万円ずつになります。

 

3.上表の税率を当てはめて計算すると、妻は7,600万円×30%-700万円=1,580万円になり、子供はそれぞれ3,800万円×20%-200万円=560万円になります。

 

4.以上のことから、妻と子供2人の相続税の総額は、2,700万円になります。

 

以上は最も基本的な考え方です。実際は、様々な控除があり、それを適用することで税額を圧縮することもできます。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します