ホーム > 自筆証書の検認

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

自筆証書の検認

封印されている自筆証書遺言は、家庭裁判所にて、相続人もしくは代理人が立ち合いの上、開封してもらう必要があり、これを検認手続きといいます。

家庭裁判所で開封手続きを行う前に、自らもしくは他者によって開封されたとしても、遺言が無効になる事はありませんが、封印された遺言書を家庭裁判所以外で開封した場合は5万円以下の過料を科されることもありますので、慎重に取り扱う必要があります。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階