ホーム > 遺言作成者が未成年である場合

contents menu

◆相続の種類

◆法定相続人と法定相続分

◆相続財産

◆遺産分割の方法

◆相続トラブルの要因

◆遺言

◆相続税

◆贈与税

◆国際相続

◆相続問題と弁護士

遺言作成者が未成年である場合

遺言書の作成には、遺言能力が必要とされています。

日本の民法では、15歳以上の者に遺言能力があると擬制しているため、仮に、実際には遺言をするだけの判断力を持っていたとしても、14歳以下の者には遺言能力は認められず、遺言をしても無効となります。

096-327-8389

受付時間平日9:00~18:00

​夜間休日も可能な限りすぐに対応します

ソーシャルメディア:

  • w-facebook

Copyright © 2018 Arrows Law Office All Rights Reserved.

アクセス

熊本市中央区安政町8-16村瀬海運ビル8階